So-net無料ブログ作成

6年8か月と17日かかりました 1830mの意味 [AKB48 東京ドーム公演]

大島優子 6年8か月と17日かかりました
1830mの意味
akb48の大島優子さんがは「6年8ヶ月と17日かかりましたが、
皆さんのおかげでここまで来れました!」というセリフがよかったですね!

AKB48念願の東京ドーム公演!
おめでとうございます!

AKB48とは、作詞家であり放送作家でもある秋元康の”次世代アイドルを作る”
という想いから始まったプロジェクトで、「会いにいける」をコンセプトに、地熱の
ある街「秋葉原」に誕生しました。


東京ドームでコンサートを行うことを目指しています。
楽曲は全てオリジナル曲を使用し、作詞は秋元康が担当しています。

AKB48のオフィシャルブログTOKYO DOMEまでの軌跡の
1ページ目に書かれていますね・・・

すごいな~秋元康さん!

自分たちの世代の時は、とんねるず、おニャン子クラブでしたが・・・。


夢の東京ドームでライブをと、プロデューサーの秋元康さんと、初期メンバー6人が
前田敦子、板野友美、小嶋陽菜、高橋、峯岸みなみ、1ヶ月半遅れて加入した
篠田麻里子の旧チームA・・・。


2005年12月8日の秋葉原の劇場のこけら落とし、定員250人の劇場にわずか7人・・・
あれから6年8ヶ月と17日・・・

夢の大舞台東京ドーム公演、お客さんは、なんと、48000人!

6年8ヶ月と17日前の2005年12月8日の秋葉原劇場こけら落とし公演の
オープニング曲「PARTYが始まるよ」を初期メンバー6人で熱唱!

1830mの意味
AKB48劇場から夢の舞台・東京ドームまで、JR総武線で2駅。
徒歩30分足らずの「1830m」ということから・・・
『AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~』公演タイトルについたようですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告スペース
Copyright © HARUの日記 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。